正しいオーバーヘッド打法の推奨

 いせはらチャンピオンテニスカレッジでは 「腕を90度に曲げたままボールを打つ」正しいオーバーヘッド打法を提唱しています。従来、広く言われていた「腕を伸ばして、高いところで打つ」は間違いです。
このページではロケットフットボールを使っての練習方法をご紹介します。
 
カレッジでは日常的にロケットフットボールを使って練習を行っています。

正しい構え 後ろから見たところ
肘を肩の高さにあげ90度に曲げる 
手の平は自分の頭の方に向いている

第2弾  正しいボレーはこちらから




左側にあるのが練習で使っている
ロケットフットボールです。
カレッジのフロントで販売しています。

輸入元希望小売価格は1,260円

販売価格は 1,100円


6色あります
通信販売もおこなっています。詳しくはこちらから

正しい構え 横から見たところ
この選手は手首のスナップを使ってしまうのでボーリングのグローブをはめて矯正中です。

正しい構え 打ち終わり
肘の位置は保ったまま前腕を内転させている 実際はこの一連の動作を胸を張って、胸を上に向けたまま終了させる。

写真上
レッスン中のワンショット
胸を張ってロケットフットボールを投げています(奥) 肘の位置を保ったまま投げ終わっています(手前)

写真
レッスン中のワンショット
動作がうまく行くと、ロケットフットボールはスクリューのように回転して飛んでいく。

この効果は高く、フォームの習得と矯正にはロケットフットボールは欠かせない道具になっています